建物が傷む時期はご存知ですか?

建物の中で最も重要な部位は『構造体』です。
他の設備や内装・外装は新しいものに交換すること(リフォーム)が出来ますが、構造体だけは補修は出来ても交換は出来ません。
それだけ重要な部位なのです。

しかしながら、自然の力で傷んでいくのも現実です。
一軒家・マンション・工場・オフィスなど10年もすると様々な箇所に影響が出てきます。
特に屋根面や屋上は 、雨や太陽の熱、紫外線による影響が多大であると言えます。
乾燥された状態より濡れている状態の方が劣化の進みが早いのはご存知でしょうか?

室内に雨水が漏れて慌てて防水の修理を考える方もいらっしゃいますが、建物に侵入した水が漏水という形で表面に出てくるのはもはや最終段階であり、経年により建物内部の見えないところで主要な構造部分に悪影響を与えています。
そこで早めの改修・メンテナンスが重要となってくるのです!

防水工事の主な種類と特徴

【塗膜防水工事】
防水塗料を塗り重ねて防水の厚みをつけていく工法です。
施工場所の形状が複雑でも、簡単かつ確実に施工出来るのが特徴で、しかも軽量です。
改修工事として簡単な 工事であり、工期も短く済み、コストも全体改修に比べ約半分で済みます。
【シート防水工事】
シート防水材(合成高分子材)を繋ぎ合わせていく工法です。単層防水の為工期が短く低コストで済みます。シートを接着剤で貼るだけなので施工性に優れており、複雑な形状であってもシート同士を熱風で溶かして一体化出来ます。紫外線・熱・オゾンに対し優れた耐久性を持ち、カラフルな色や模様があるシートもあります。
【FRP防水工事】
強度が高く耐久性に優れたFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を応用し、FRPの被膜防水層を形成する工法です。軽量かつ強靭であり、保護層が不要で、直接露出防水として施工出来ます。硬化が早い為、工期が短く外観的にも仕上がりが綺麗です。
【アスファルト防水工事】
合成繊維不燃布にアスファルトをしみ込ませコーティングしたシート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。防水工事の中で最も古く信頼性が高い防水で、比較的不具合が出にくく、水密性・耐久性が高いのが特徴です。

ウレタン防水(通気緩衝)施工手順例

  1. 1、施工前

  2. 2、高圧洗浄

  3. 3、下地処理

  4. 4、コーキング

  5. 5、プライマー

  6. 6、通気マット

  7. 7、脱気筒取付

  8. 8、ウレタン(主剤)1層目

  9. 9、ウレタン(主剤)2層目

  10. 10、トップコート

  11. 11、施工完了

雨漏り、防水工事の事ならお気軽にご相談ください!